Art direction / Graphic design / Photography

初めて花束をつくりました。

岡山でも雪の積もった2/11、植物屋 KIITOS labさんにお邪魔して、男性限定の「ドライになる花束」ワークショップに参加してきました。

季節柄、「バレンタインデーにサプライズで」なんて言うのが気が利く男なんだと思いますが、妻からのオススメで参加したこともあり、サプライズには程遠いです。笑


まず路地を入ってドアをノック!ハンマーで!この時点ですでにワクワクします。素敵な店内の2階に案内していただきました。


マンツーマンでいろいろ説明をしていただいて、いざスタート。

スパイラル状に束にしていきます。親指と人差し指にかなり力が必要で筋肉痛になりそうです。これを花屋さんは日々やっているのかと思うと頭が下がります。手際よくやらないと自分の手が痛いのはもちろん、華奢な花などは体温でみるみる鮮度が悪くなってしまうとのこと。んー奥が深い。

感覚を研ぎ澄ませて、自分と内面と花と対話しながら少しずつ形にしていきます。

最後に全体を整えて麻ひもで縛ってラッピング。手取り足取り教えていただいたおかげで、人生初の花束を作れました。

LRG_DSC00403.JPG

お花やラッピング自体はKIITOSさんの確かなセンスで用意していただいたものなので、未経験で慣れない手つきのおじさんでも達成感と完成度を得られるという素晴らしいレッスンでした。

お土産にいただいたbonbon breadさんのクッキーも箱いっぱいにぎっしり。バレンタインに妻にプレゼントするのか、自分で食べるのか悩みましたが、気になりすぎて夫婦揃ってさっそくいただいてしまいました。

喜んでもらえました。自分の手で作った贈り物を自分の手でするというのは、ちょっと恥ずかしいですが、とても素敵なことですね。コミニュケーションの本質がそこにあるように感じました。


普段、デザイン関係の人と話す機会やメディアに触れることが多いですが、やはりそれだけではダメで、同じ業界だけではなく様々な業種の仕事に実際に触れて、その道のプロに直接お会いしてスキルや考え方を伺うことで初めて得られることがたくさんあるなと改めて実感しました。ネットで調べたり、本を読むのも大切ですが、実際の体験・経験というのは、瞬時に点滴のように作用するなぁと感じました。人生を豊かなものにするために、初めてのことに積極的に取り組んでいこうと思います。

また、グラフィックデザイナーというものは、コミュニケーションを扱って生業にしている訳なので、当たり前ですが、まずは自分自身が身近な人とのコミニュケーションを心地よいものになるように、楽しみながら色々挑戦するべきだと考えているのですが、「花束をつくって贈る」というのはかなりいい技だと思います。

初めてっていいな。贈り物っていいな。


植物屋 KIITOS lab
HP https://kiitoshibi.exblog.jp/

Instagram @kiitoslaukku20090125

bonbon bread
HP http://bonbon-bread.com/

Instagram @bonbon.bread